第88首 宮崎 孝 (四万十市)

e0190619_742744.jpg


  「おい急げ」水越え始む沈下橋児ら渡らせしあの日は遥か


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■大水が出て・・・

 昭和58年から61年度まで、西土佐村(現四万十市)本村小学校に勤務(教頭)していた頃の歌です。

 大水が出て、沈下橋がつかりそうになる前に、子ども達を急いで、対岸の中半家や峯半家へ帰らすのでした。

 濁流が橋桁に当たるようになると、気持ちの悪いものでした。水が橋の上を、すっーと越え始めると、ほんとうに焦ります。

 子ども達が渡り終えると、私は走って引き返すのでした。

 今は、立派な抜水橋が出来ております。あの、思い出の沈下橋は、今も残されています。車は通れませんが、人は渡れます。時々、遊びにいっております。(宮崎)

【写真】岡村龍昇氏

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[自然文化遺産]

■沈下橋の風景 おい急げ・・・
a0050405_7332891.jpg

 ◆沈下橋の風景(「四万十川通信」より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[代表歌鑑賞]    (四万十川短歌大会(第5回)より)

 中村南ロータリークラブ賞

e0190619_771281.jpg

 ◆四万十川物語(四万十川・あつよしの夏) 
   廃校になった旧西土佐村津野川小学校でのお話です。
[PR]
←menu