第21首 山崎さが (福岡県)

e0190619_1213241.jpg


    産卵の四万十川は青澄みてウグイの群れは殺気みなぎる


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■すべて美しい四万十川と共に

 美しい大自然資源の宝庫四万十川、人の心を癒し、心を洗い、新しい命を生み育てゆく素晴らしい上流から、下流への景観は、筆舌に尽くし難く澄み渡る川の流れは、時を忘れさせます。

 川底には青のりが揺れ、ウグイの群れや鮎の群れが競い、のどかな水面には網打つ小船が浮かび、産卵の季節には生命を育む魚のはげしい営みが、くりひろげられています。

 太陽の燦燦とふりそそぐ森と水、生きとし生けるもの、すべて美しい四万十川と共に、守り残してゆきたいと思います。

 また、今年も短歌を詠み、ぜひ四万十川に行きたいと思います。

【水彩画】徳広淳也氏(大阪府・中村高校第一期卒業生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[プロフィール]

 田園の風に親しみ、田畑を耕して半世紀。今ではわずかに家庭の菜園を楽しみ、短歌と戯れている81歳の、私でございます。

『このたびは、四万十川百人一首の件、色々とお世話いただき、誠にありがたく、感謝いたしております。どうぞ、お身体をご大切に、ご活躍、ご健闘を蔭ながらお祈り申し上げております。(山崎)』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[代表歌鑑賞]    (四万十川短歌大会(第9回)より)

 中村ロータリークラブ賞
e0190619_122124.jpg

a0050405_19181957.jpg

[PR]
←menu